スマイルプラス けやき歯科クリニック
Keyaki Dental Clinic
トップページ クリニック紹介 診療の流れ 公式ブログ
審美歯科 インプラント 小児歯科 矯正歯科 歯周病 予防歯科
 
 

小児歯科の特徴

 
mutans streptococci
虫歯の原因
細菌(ミュータンス連鎖球菌)
 口のなかにミュータンス連鎖球菌がいて、そこに糖が入ってくると、この細菌はネバネバの多糖体をつくり増殖します。ネバネバでおおわれた細菌のかたまりのなかで、ミュータンス菌は糖から強い有機酸をつくります。強い酸性の環境で増えつづけ強い酸を出しつづけるのが、この細菌の特徴です。この有機酸が歯の表面を溶かしていきます。
 虫歯にならない為には細菌の感染を防ぎ、除去するのことが基本になります。しかし歯磨きは難しく磨き残していることが多いです。
 
むし歯予防と再生システム
 
   
 予防は歯科疾患治療の基本です。予防効果を出す為には早期発見、予防効果の確認、個人のリスクに応じて十分な対策をとることが重要です。

 思った以上に手間がかかるのが予防です、一生自分の歯で食べる為には個人のリスクに合った予防法を見つけておく事が重要です。

 
 
 
初期虫歯の発見と再生
  ダイアグノデント   

 ダイアグノデントはレーザーを使って虫歯を探知する機械です。見た目に黒くなったり、穴が開いていない内部の虫歯を発見することが可能になり、虫歯診断能力が1.5倍正確になると言われてます。初期虫歯を数値で評価することができ、予防やメンテナンスの効果を簡単に確認できる画期的な機械です。
 小児の予防管理では毎回の検査が重要で、永久歯に生え換わるまでに子供に合わせた予防管理方法を見つけるのに役立ちます。
 
30〜 修復処置
15〜29 リスク検査と充分な予防処置の選択
0〜14 特に処置の必要なし、通常のメンテナンスへ
 
30以上  削らなければならない虫歯の治療
見た目には虫歯の存在は確認出来ないが、測定して見ると(99)内部に虫歯が存在することが予想される 細菌に感染した部分を除去 修復材料で密閉、小さな侵襲で治療を終了
 
15〜29  徹底した予防処置による歯の再生
  エナメル質表面の電子顕微鏡写真
表面が酸に侵され凸凹しており、穴から内部への酸の侵入が認められる。
  
  初期むし歯再生と予防の基本処置
 

@ ブラッシング指導
 
A PMTC(機械的な歯面研磨)
 
B フッ素塗布
 
@ ブラッシング指導
   プラークを染めだし、磨き残しを確認。家庭ぐるみでのブラッシング習慣づけと歯磨き技術向上の指導をします。

 歯磨きは思ったよりも難しく子供への
習慣づけを家族ぐるみでどうするか考えましょう。小学校低学年までは仕上げ磨きも重要です、管理する両親もブラッシング指導を受けてください。
  A PMTC(機械的な歯面研磨)
   約1か月ほどで歯ブラシでは除去しきれない古い細菌膜が形成され3〜4か月程で口の中の細菌はいっぱいになると言われています。

 歯ブラシでは除去しきれない
細菌膜(バイオフィルム)は専用の機械と研磨剤を用いて除去していきます。
また、細菌膜の除去は1回のPMTCでは完全に除去しきれないと言われています、フッ素と合わせて数回の実施が良いでしょう。
   
B フッ素塗布
 細菌膜(バイオフィルム)を除去した後に高濃度のフッ素を塗布を行います。

 確実にフッ素塗布を行う為に、フッ素ムースを盛った
トレーを口の中に挿入し4分間作用させます。(小学生以上になればトレーを口の中に入れることができるでしょう、できない子供でも簡易的な方法でフッ素を塗布します。)
 フッ素塗布後は
30分間以上うがいや飲食を避けましょう

 必ず定期的に通ってください。歯を守る為には予防が重要であることを子供に認識させる効果があります。
★フッ素は
1クールを3回とし、年に2〜3回行うのが良いでしょう。
 

■■■予防効果の確認ができない子供場合■■■
 
より詳細に原因の把握をしていきます。
細菌検査
唾液検査
詳細な生活習慣の検査
栄養検査
 
虫歯の原因菌
現在では、むし歯の原因菌ミュータンス連鎖球菌(streptococcus mutansとstreptococcus sobrinusを合わせてmutans streptococciと呼ぶ)が口のなかにどの程度いるか、唾液を使って簡単に調べる方法があります
個人診療所でもむし歯の細菌検査を受けることができます。
また飲食回数や口のなかに細菌の定着しやすい場所が多いか少ないかは、唾液中の乳酸桿菌(lactobacilli)の量に反映するため、同様に唾液を使って簡単に調べる方法があります。
唾液中の乳酸桿菌の検査。
 
唾液の力
飲食物が口に残っている間、歯の表面のプラーク中の細菌が糖を代謝し、酸を産生します。プラークで唾液環境から遮断された歯の表面は、強い酸性になり歯の表面からミネラルが奪われます。飲食のたびに、ミネラルの収支は、大きく脱灰(マイナス)に傾きます。しかし十分に唾液がある部分では、数十分後には唾液の作用でプラークは中性に戻り、再びミネラルの出入りは石灰化(プラス)に傾きます。このように歯の表面では、絶えずミネラルが出たり入ったりを繰り返し、歯の健康は唾液によって守られているのです。
Higham SM et al., Arch Oral Biol, 1989
  しょ糖を口に入れたときのプラークのpHの変化。一気にエナメル質が溶けるような酸性に傾き、唾液の力で数十分で回復します。
唾液はプラークを中性にする緩衝作用の他、抗菌作用、洗い流す作用などをもっています。
 
飲食の頻度
ジュースを一日に何度も飲む人や飴をいつもなめている人の場合には、プラークのなかで再石灰化が起こる暇がありません。睡眠中は、唾液はほとんど出ないので、夜、ベッドに入る前に甘い物を口にする人や毎夜日本酒を飲んだまま寝てしまう人は、夜間、一方的な脱灰がつづきます。
飲食が頻繁だと再石灰化が起こる暇がありません。寝起きに砂糖入りコーヒーを飲む人(上図)より寝る前に毎日ジュースを飲む人(下図)の方が、脱灰がすすみやすい。
 
生活習慣の調査
一週間程度の生活習慣の調査を行います。起床・就寝時間、食事時間、歯磨き時間などについて誰が、何で、どのように行ったか、また所要時間などについても調査して分析していきます。
 
栄養指導
むし歯になりやすい食物を多く取っているかの調査です(ショ糖の量、歯への粘着度、咀嚼に要する時間、嚥下までの時間など)。口の中の停滞時間と清掃性が大きく関与しており、こちらも一週間程度の献立を詳細に調査していきます。
 
歯の治療
「むし歯の治療」─あなたは歯を削って金属やプラスチックを詰めることを頭に浮かべていませんか。でも鼻におできが出来たとき、ひどくなるまで待って、鼻を切り取って銀の鼻をつくる治療があったとしたら・・・あなたはそんな治療を受けますか。
 
むし歯は菌の感染を基に、そこにさまざまな環境因子が加わって発症します。
この菌や因子(リスク因子)をコントロールすることが、予防治療の考え方です。
 

Maternity
妊婦の健康
 
 妊娠するとホルモンバランス変調により歯ぐきに炎症を起こしやすくなります。この歯肉炎は一過性のもので出産後には解消しますが、妊娠中はブラッシングやプロフェッショナルクリーニングで管理していきます。元々歯周病を持っていた人の場合、妊娠により状態が憎悪することが多いです。お子様をお考えの方は妊娠前に歯周病治療とチェックを受けてください。
 また、歯周病は胎児にも影響を及ぼす事が知られています。低体重児出産(出産時2500g)の確率が歯ぐきの健康な人に比べて7.5倍も高いことが分かっています。妊婦の飲酒でさえ低体重児出産の確率が3倍であることを考えると歯周病の場合は非常に高いことが分かります。
 なぜ、歯周病だと低体重児出産の可能性が高くなるのか?歯周病菌は歯ぐきに炎症を起こすだけではなく、炎症を伝える物質が胎盤を収縮させ、歯周病原菌の毒素が血流を介して胎児の成長に悪影響を及ぼすと考えられています。
 
母子感染
 
 むし歯の多い保育者(お母さん)には、むし歯の多い子どもが多いようです。甘いものが好きなお母さんの子どもは、やっぱり甘党、ということもあるでしょう。細菌学的な検査で親子間でむし歯菌が感染していることが明らかになっています。
 では、どうしたら感染の予防が出来るのでしょうか?
口の中には歯垢1g中に100億個以上いると言われています。虫歯菌や歯周病菌は歯の周囲に付着増殖する為、まだ歯の生えていない乳児にはまだそういった菌は生存していません。歯が生えて初めて付着増殖する環境が整うのです。また口の中の細菌の構成は(虫歯菌が多い、歯周病菌が多い、どちらもいないなど)序々に安定し固有の細菌構成へと成熟していきます。細菌感染は特に1歳7ヶ月から2歳7ヶ月までの間が危険性が高く、この1年間は特に気を付ける必要があります。

歯が生えたら歯磨きして!

むし歯菌をうつしてしまったら
 
 子供がミュータンス菌に感染した場合は、フッ素を塗ってあげてください。家庭用フッ素は細菌の酸産生を抑制して、虫歯になりにくく、歯の再石灰化を促進します。また病院で塗る高濃度フッ素は歯のエナメル質を硬くして虫歯菌のだす「酸」に負けない強い歯質を作ります。両方のフッ素を塗布することにより何倍もの相乗効果が得られ、強力な虫歯予防に繋がります。実際、歯ブラシを一生懸命したから虫歯発生を完全に防ぐ事ができたという報告は見当たりません。なぜならブラッシングは思っているよりも難しい為です。1個も虫歯菌を感染させないのは不可能に近いことで、意識するあまりに親子の愛情表現を無くしてしまう結果になります。虫歯菌も数が増えて初めて歯に取り付く事ができ、酸を産生できます。食後早期にフッ素を使用するのが最も効果があるとされています。
 
 歯みがき習慣は、歯が生えはじめる7ヶ月ころから始めるのが基本です。食生活は、大人とまったく同じ注意が必要です。その意味で、歯にもっとも悪い食べ物は、アメだということがおわかりいただけると思います。子どもによかれと思って、つい小さなアメをあげるおじいちゃん、おばあちゃん、また近所の方々…等。アメは、いつまでも口の中に残り子どもの柔らかい歯を溶かし続けますから、注意したいものです。またデザートは食事とセット、おやつは季節の野菜など虫歯になりにくいものを与える等の工夫をするのも良いでしょう。しかし何でも極端に考える必要はありません、「あれはダメ!」「これもダメ!」は根拠の無い拡大解釈にすぎません。基本は虫歯菌が増殖する前にフッ素を塗布することにつきます。その他にも生活習慣における工夫のポイントは沢山あります、歯医者さんで指導を受けてみて下さい。
 
はじめての歯医者さん
 
 これから子供さんの健康管理を一生託す歯医者さんに初めて受診するとき、いったい子供さんはどんな気持ちでいるのかわかりますか?
 子供が歯科医院に行く時は、「自分の経験をプラス思考で子供に生かせる親だけが同伴していくべき」、と一般臨床歯科学会は提言しています。子供は往々にして結構落ち着いていて、初めての歯科体験に興味津々。充てん処置にも好奇心を示すものだと解説されています。
 大人の役目は、ただそこにいるだけで十分。歯科医師は健康管理の師匠なんだという雰囲気を子供にそれとなく示せばいいのです。事前に歯科医師と会ってアドバイスを受けたり、子供に付き添う際の注意や、心がけに関するアドバイスを受けてもいいでしょう。特に子供が4歳になるまでは付き添う際の平静さを心がけて下さい。米国一般臨床歯科学会が提言している、子供が始めて歯科を受診する際の心得をご紹介します。
 
・タイミング: 理想的なタイミングは、初めて歯が生えてから6ヵ月後。この頃の受診に際しては、哺乳ビンう蝕に関する話や離乳に関する指導が受けられます。
 
・子供に関して: 幼い子供が集中でき、元気なうちに、特に午前中の予約を心がけて。子供には、一般的なことでいいから、何をしにどこへ行くのかをはっきり話し、歯科受診がどうして大切なのかをはっきりと説明すること。
 
・あなた自身の準備: 受診に際して、もし質問や悩みがあれば、前もって歯科医師に相談してください。歯科医師や診療に対しての不安があれば、自分のスタンスを正直に、客観的に把握してください。また、歯科嫌いや恐れはあなた自身のものであって、子供には関係ない事を肝に銘じて。
 
・歯科医師には: 子供の詳しい病歴を歯科医師に提供してください。どうやら治療が必要のようだと思ったり、日常において子供が扱いにくかったり、人見知りしたり、非常に興奮する性格であれば、歯科医師に知らせておきましょう。
親だから、子供がどんな反応をするのかはだいたい予測できるもの。それを歯科医師に知らせておけばいいのです。初めての歯科受診に際しての子供の行動や反応は、そのときの子供の年齢によっても大きく差があるのです。
 

成長と歯の生え換わり
teething
最初に生えてくるのは乳前歯(生後約6カ月)。次に生えてくるのは‥

最後は奥歯(3歳ごろ)
最初の乳歯は生後6カ月で生え初め、3歳にはすべての乳歯が生えそろいます。赤ちゃんは産まれたとき、すでにすべての乳歯の歯冠(歯の見える部分)は歯ぐきのなかで完成しています。最初に出てくるのは、普通前歯。約16カ月で第一乳臼歯が上下で初めてかみ合います。
 
最初に生えてくる大人の歯は…
第二大臼歯が生えたらもう大人
大人の歯は5歳過ぎから6歳までの間に、下アゴの前歯、上下の奥歯(第一大臼歯)が生え始め、小学校の2〜3年生で大きな上の前歯が生え、小学校の高学年を通じて小臼歯が生え、中学を卒業するころまでに一番奥の臼歯がしっかりとかみ合うようになります。
 
第二大臼歯の萌出開始は、大人になる徴です。女子では初潮とほぼ一致します。
 
 
茨城県龍ヶ崎市若柴町1741-6 けやき歯科クリニック 
一般歯科、小児歯科、矯正歯科、口腔外科、審美歯科、インプラント、予防歯科、インプラント、ホワイトニング、歯周病
牛久、取手、藤代、つくば、つくばみらい、河内、稲敷、阿見、土浦、守谷、我孫子、美浦村、利根町、印西市
COPYRIGHTS 2005 KEYAKI DENTAL CLINIC ALLRIGHTS RESERVED.