スマイルプラス けやき歯科クリニック
Keyaki Dental Clinic
トップページ クリニック紹介 診療の流れ 公式ブログ
審美歯科 インプラント 小児歯科 矯正歯科 歯周病 予防歯科
 
  
Implant

インプラントとは?

歯を失った時の一般的な処置方法

ブリッジ

義歯
失った歯の両側の歯を削り一塊の金属にてその名の通り「橋」を架ける方法。歯を削る量が最も多い。 失った歯周囲の歯を削り金属のバネを取り付ける。取り外しての清掃が必要で、大きい為に発音・咀嚼に慣れが必要。支えになる歯にかかる力が大きく負担が増大する。
 
インプラント処置例
 
1本の歯を失って1本のインプラントを応用する場合。 手前が2本の歯を失ってインプラントを2本埋入。奥は4本の歯を失って3本のインプラントを応用した場合。 前歯のも使用できます。
 
インプラント治療の流れ
 
 
診査  インプラント予定部位を含めたレントゲンや高精細な歯科専用CTなどの画像撮影、模型採得、噛合わせの診査をします。
 CT
治療計画立案  インプラントの大きさや太さといったインプラントの選択、埋入部位と本数について説明します。また骨の大きさが小さい方には骨量増幅処置など治療計画についても説明します。
インプラント術前シュミレーション画像 シンプラント
 SimPlantは、インプラント術前シミュレーションソフトです。治療計画データから作成できるサージガイド・SurgiGuide(歯科インプラント用ドリルガイド)により、安全・確実なオペをサポートします。
インプラント手術 インプラント手術に全身麻酔は必要ありません、局所麻酔にてインプラントを埋入します。手術時間はおよそ60分ほどで、術後疼痛や腫れは翌日には殆ど無くなっています。ただし骨量増幅処置を同時に施した場合は腫れや痛みが若干長引きます。
定着待ち  純チタンインプラントが骨と着くまで待つ期間です。定着までの間定期的にPMTC(プロフェッショナルクリーニング)を行っていきます。
 定着に要する期間は部位や骨の状態により違いますが、約2ヶ月待ちます。ただし骨量増幅処置を同時に施した場合は移植骨が成熟するまでに約3ヶ月かかります。
上部構造の装着  型をとり最も状態に適した補綴物(メタルボンドクラウン、オールセラミッククラウン等)にて上部構造を装着します。
メンテナンス  定期的にインプラントのチェックとクリーニングをしていきます。クリーニングはインプラントに傷が付かないように専用の器具を用いて行われます。
 
 インプラントは歯周病や外傷などにより歯を喪失してしまった場合、その機能を補填する方法として最も有効な処置の一つです。今まではブリッジや入れ歯など、残った他の歯に力や機能の分担をしてもらう方法が一般的でしたが、近年の材料学の進歩によりインプラント治療は予知性の高い処置方法として認識されています。しかしインプラントも残っている骨の厚みや高さが十分になければ、埋入することが出来ません、不十分な骨に対してはその増幅が可能であるのか、術前の診査、診断を十分に行う必要があります。
 

 
インプラントの紹介
けやき歯科lクリニックにて扱っているインプラントの種類
ストローマンインプラント(スイス)
ノーベルバイオケアインプラント(スウェーデン)
アンキロスインプラント(ドイツ)
 
ストローマンインプラントシステム
(ITIインプラント)

1974年に開発されて以来、世界40ヶ国以上で使用され、もっとも信用されているインプラントの一つに数えられています。

各専門分野のエキスパートによって構成された営利を目的としない国際的研究チームITIと、骨整形外科分野で40年余りの実績を持つスイスのストローマン(Straumann)研究所が共同開発をしてできたインプラントです。
ITIインプラントシステムという名称から、ストローマンインプラントシステムという名称に変更しましたが、両者の密接なる協力関係は、従来通りで変わりありません。製品自体にも変更はありません。

  

ストローマンインプラントシステムの特徴

・ 専門トレーニングを受けた医師のみが取り扱いできる。
・ 国内、国外問わずシェアが広いので、引越しなどの際、転院がしやすい。
・ インプラント体の形状・サイズが日本人のあごに適している。
・ 手術方式が一回法なので、骨とインプラントが結合した後の手術が必要ない。
  

国際基準ISO9001取得

ストローマンデンタルインプラントは厳しい品質管理の下で研究・開発・製造・販売が進められております。ストローマン社は品質管理の世界共通ルールであるISO9001の厳しい規格に適合し、その認証を得ています。
 

 
骨量増幅処置
インプラントを埋入する部位の骨が薄かったり、高さが低い場合に人工骨などを用いて骨の増大を図る処置。
 
GTR ( Guided Tissue Regeneration )
GBR ( Guided Bone Regeneration )
歯周病のページを参照して下さい
ソケットリフト
 上顎には上顎洞といった空洞あります。日本人はその空洞までの距離が少なくインプラント埋入条件をクリア出来ない人が多数見られインプラント処置を難しくしています。そういった場合、上顎洞は内面が膜で覆われておりその膜と骨の間に人工骨を填入することで上顎洞内に骨を増大させることができます。この方法は、1994年にSummers RBら(1994)によって報告され、インプラント埋入するための穴から骨造成を行うため、比較的外科的侵襲が少ないのが特徴です。
 
 
茨城県龍ヶ崎市若柴町1741-6 けやき歯科クリニック 
一般歯科、小児歯科、矯正歯科、口腔外科、審美歯科、インプラント、予防歯科、インプラント、ホワイトニング、歯周病
牛久、取手、藤代、つくば、つくばみらい、河内、稲敷、阿見、土浦、守谷、我孫子、美浦村、利根町、印西市
COPYRIGHTS 2005 KEYAKI DENTAL CLINIC ALLRIGHTS RESERVED.