スマイルプラス けやき歯科クリニック
Keyaki Dental Clinic
トップページ クリニック紹介 診療の流れ 公式ブログ
審美歯科 インプラント 小児歯科 矯正歯科 歯周病 予防歯科
 
 
   Periodontitis Treatment
歯周病治療
   歯周病は歯肉の腫れを改善しなければいけない病気です。腫れをとる為には歯石の除去やブラッシング方法の習得、生活習慣の改善を含めたトータルケアが必要です。治療期間は数ヶ月~数年かかるのが通常で、段階的に治療を進めていくことが大切です。各ステップを以下に示します。
歯周病の検査
レントゲン・CT検査
歯槽骨の吸収状態の把握、「平坦な畑(歯槽骨)に木(歯)がまっすぐに生えている」のが良い状態です。特にCT撮影により骨の形状を立体的に把握することが可能になりました。
プラークチャート
磨き残しのはチェックは毎回、すべて記録しています。歯周病治療の基本ですので、担当衛生士があなたの上達度にあった指導をしてくれます。
歯周組織検査
歯周ポケットの深さ、付着歯肉の幅、歯肉の連続性、動揺、出血・・・などの歯の周囲組織の安定に関与する項目をすべて検査します
口腔内写真
定期的にお口の中の写真をとり、治療効果の判定や定期健診時の変化などを客観的に捕らえられるように保存しておきます。
細菌検査
細菌の種類や割合などを検査し、歯周病特性や薬物選択の指標にします。

 以上のような検査をもとに、現在の歯肉や骨の状態を把握して治療計画の立案をしていきます。歯周病は痛みなどの症状が出ないままに進行する病気です、まずはご自身の病状と治療方法について十分なカウンセリングを受けて下さい。
 
 
 
歯石除去   Scaling
歯に付着した歯石の除去とブラッシング指導
 歯の表面に付着した比較的取りやすい歯石を数回に分けて除去します。急性的な腫れはすぐに引いてきますが、慢性的は腫れを除去するためにはブラッシングの改善が最も重要です。
 
超音波スケーラー 超音波で歯石を取る機械
 
歯周組織検査(歯石除去の成果)
 歯石除去やブラッシングによる効果を検査します。中等度以上の歯周病になると簡単な歯石の除去では歯肉の腫れを完全に取り除くことが出来ません、腫れている歯肉に隠れた根の部分に歯石が付着している為です。
 
歯根面の滑択化  Root planing
歯根に付着した歯石の除去とブラッシング指導
 歯の根に付着した歯石を一本ずつ手で除去し、根の表層(セメント質)に入り込んだ毒素などを取り除き滑択化を図ります。いわゆる大工が材木にカンナをかけて薄皮を剥ぐ要領です、職人さんはカンナを鋭く研いで修練を積んで初めてすばらしい作品を作りだせます。衛生士さんの腕の見せ所ですね。歯肉に隠れた部分の処置になりますので歯茎が少し痛みます、痛みが嫌いな方には麻酔をしてから歯石の除去を行います。麻酔は針を歯肉に刺す必要のない麻酔法を用います。(重度の場合は一般的な麻酔法を用いることもあります)
 
先端は針ではありません!
針を使わない、垂らすだけの麻酔
 
手用スケーラー
除石に使う手用器具
 
歯周組織検査(初期治療の成果)
 歯に付着していた歯石はすべて取り終わりましたので、歯肉の腫れ具合を今までよりも細かく検査をしていきます。歯肉の回復度合いや歯の清掃状態から外科的な切除が必要かどうかの判断を行う為です。
 

 

歯周外科処置  Periodotal Surgery

外科的に腫れた歯肉の切除や骨の整形をします
 歯周外科には色々な方法があります、症状に合った方法を選択するようになりますがいずれの方法を用いても歯肉の回復までには長い時間がかかります。腫れは切除によりなくなりますが、正常歯肉に回復するには自己管理が最も重要になります。
 
歯槽骨の調整
  
 歯周病治療には外科処置が必要になる場合があります。歯周病が進行すると歯槽骨が吸収し、歯がぐらついてくることは周知の通りですが、歯槽骨の吸収も一様に進行するわけでわなく吸収の早い所、遅い所が混在しています。この歯槽骨の凸凹が歯周病の治癒を遅らせ、ブラッシングが届かず歯周病がなおらない原因となります。
 歯周外科処置はこういった歯槽骨の凹凸を整形しメンテナンスしやすいお口の環境改善を図ることを目的としています。
 歯槽骨変化の様子
歯槽骨整形の仕方
 骨の整形処置を行うことにより、歯槽骨に凹凸のない平坦・平滑な状態に修正出来ます。結果、歯ブラッシが届き易く細菌が停滞しにくい、環境に改善出来ます。
骨の幅が大きくなってしまった所や歯と骨の間に隙間ができ尖ってしまった歯槽骨を整形 術後、歯槽骨の形態はスマートで滑らかな形態になりブラッシングによるメンテナンスがしやすくなります。
 
粘膜の調整
   歯肉の腫脹や形態の微調整をして歯ブラシの届きやすい粘膜を作っていきます。粘膜の調整にはレーザー治療が多用され、出血や疼痛はほとんどなく通常麻酔も使いません。レーザーは治癒促進効果が高く、数日で粘膜は治癒します。
 レーザーは光の波長、出力、パルスなどの照射方法を変えることによって組織へのレーザーの吸収量を変化させることができ、切開、蒸散などの治療効果を変えることが出来ます。(切開、疼痛緩和、う蝕予防、口内炎、メラニン色素除去など)
 レーザー治療は歯周病治療において補助的に使用される方法で基本的な歯周治療に組み合わせる事により治癒を促進させることができます。

COLaser
     
歯周外科処置の注意点
  • 術後の食事は硬い物は避け、柔らかい物を中心にして食べて頂くようになりますので、必ず術前に食事は取りましょう。
  • 術後は歯肉包帯(歯肉の痛みを和らげる為にガムの様なもので歯肉や歯に盛り上げカバーする物)をする為、若干頬が膨らんだ感じがします。
  • いびつになった歯槽骨を整形するもので歯槽骨の再生はされません。歯槽骨を再生させる為には歯周組織再生療法が必要です。
  • 術後、安定した歯肉の状態を長期的に維持する為にはブラッシングと定期的なプロフェッショナルクリーニング(PMTC)が重要です。
 

Periodotal Surgery

歯周組織再生療法

     歯周病が進行すると歯周囲の骨(歯槽骨)が吸収してしまいます。その吸収は一様ではなく吸収の軽度な所と著しい所、凸凹な状態になっています。腫れの治まってきた歯肉は歯槽骨の形態に合わせて治癒しようとしますので、歯肉の形態までもが凸凹になってしまいます。歯肉と歯槽骨が凸凹だと歯ブラシを当てにくく歯周病治癒の妨げになってしまいます。
 歯周外科処置には凸の骨を削合して歯槽骨を平坦にする方法と失ってしまった凹の部分に骨を再生させて平坦にする歯周再生療法があります。
 歯周再生療法は一度失ってしまった骨を回復させることのできる方法として期待されていますが、骨の凹形態によって再生に適した方法を選択する必要があります。外科処置前の炎症除去と精密検査が重要です。
 
GTR ( Guided Tissue Regeneration ) 組織誘導再生法
 骨は粘膜に比べて再生するのに何倍もの時間がかかります。骨を作りたい部分に骨よりも先に粘膜が再生してしまうと目的の骨が出来ません。そこでGTR法 は、人工の膜を用いて骨再生のスペースを確保して骨が再生するまでの間粘膜の侵入を防ぐことで骨の再生を誘導する歯周組織再生法の一つです。ePTFE(GoreTex)やチタン薄膜の非吸収性膜、生体内で分解するコラーゲンやPLA/PLGAの吸収性膜が使用されます。
 
 ゴアテックス GoaTex® (アメリカ) 非吸収性メンブレン
安全性と生体適合性に優れたゴアテックス®を組織再生療法(GTR法)に使用するために設計されました。手術によって生体組織の欠損した箇所に、特殊構造のゴアテックス®を設置し、生体内で適切な環境を一定の期間保持すると、メンブレン(膜)の下にもう一度組織が再生してきます。ゴアテックス®は、このGTR法のための人工膜として世界で初めて承認され、豊富な臨床実績を持っています。製品としては最もスタンダードなゴアテックス®GTRメンブレンと、再生したい組織を任意の形態にするためにゴアテックス®の内部にチタンフレームを内装したゴアテックス®TRメンブレンがあります。
非吸収性人工膜
 
 バイオガイド Bio-Gide® (スイス) 吸収性メンブレン
蛋白質を基にした吸収性のコラーゲン膜です。4ヶ月から6ヶ月で生体に吸収されるためにOPEは1回で済みます。柔らかく操作性が良いのが特徴です。
 
 RCM Resorbable Collagen Membrane® (アメリカ) 吸収性メンブレン
蛋白質を基にした吸収性のコラーゲン膜です。4ヶ月から6ヶ月で生体に吸収されます。
 
 コーケンティッシュガイド® (日本) 吸収性メンブレン
生体親和性お高いアテロコラーゲンを主成分とする吸収性膜。国産である為入手しやすく歯牙固定用の糸が付いているので膜のシーティングが容易に行えるのが特徴。
 
GBR ( Guided Bone Regeneration ) 骨誘導再生法
 GBRは歯周組織の再生法の一つであるGTR (Guided Tissue Regeneration)と同様に、人工の膜を用いて骨再生のスペースを作る方法で、中に移植骨、骨代替材、PRP等の誘導因子などを封入して、骨の強度や密度を向上させる方法である。
(骨移植および骨代替材
昔から行われている自家骨移植は現在も臨床的に有効な方法であり、骨増量法のゴールデンスタンダードと言われている。しかし、骨を採取するためには手術部位以外への侵襲と、採取できる骨の量に限界があることが問題となる。そこで人工骨研究が進み種々の形状のハイドロキシアパタイトやβ-TCPが骨代替材として使用され効果をあげている。これらのリン酸カルシウム系材料は骨伝導能に優れているが、骨誘導能がないので骨増量材として単独で使用することは難しい。そのため、自家骨やPRP(詳細はPRP項目へ)と混ぜ合わせて使用されることが多い。
 
 バイオス Bio-oss® (スイス) 異種骨
皮質骨や海面骨から化学的な製造処理過程を経て有機成分を除去し、骨梁構造と多孔性の保持をしています。移植材内面の面積、多孔性、結晶のサイズなどの生理学的性質やカルシウムとリンの比率は、脱灰凍結乾燥骨やハイドロキシアパタイトと比較して、人骨にかなり近いと考えられています。
異種骨
 
 ニューオス Nuoss® (アメリカ) 異種骨
Bio-ossとほぼ同じ性状、成分。
 
 バイオリゾルブ BioResorb® (ドイツ) 人造骨
バイオセラミックは生体に悪影響を及ぼさないとされ、このBioResorbはβ-TCP(ベータリン酸第三カルシウム)から出来ており、生体内で吸収され、吸収された所に新生骨が形成されることにより再生されます。生理食塩水中の溶解度をハイドロキシアパタイトと比較すると、その溶解度は2倍にもなります。生体内吸収については術後4~24週にかけて非常に早く行われ、48週間後でも速度は落ちるが吸収は持続します。
人工骨
 
 セラソルブ Serasorb® (ドイツ) 人造骨
成分や性状は上記のBioResorbと同じβ-TCP(ベータリン酸第三カルシウム)から出来ている。6~12ヶ月で再吸収される。
 
 プロオステオン Pro-osteon® (アメリカ) 人造骨
珊瑚由来のハイドロシキアパタイトでβ-TCPなどと混合して用いられることが多く、β-TCPよりも吸収がゆっくりで新生骨の強度を上昇させる効果があるとされています。
 
 GEM21S® (スイス) 人造骨
骨誘導因子PDGFを化学的に作り、それにβ-TCPと混ぜ合わせることにより、β-TCPを足場として、PDFGが血管を作り、組織や骨を誘導再生させます。最新技術により初めて骨誘導因子を商品化することに成功させた材料。β-TCP単独使用の約3倍の骨誘導効果が認められております。
 
PRP ( Platelet Rich Plasma) 多血小板血漿
 近年の科学技術の進歩により、組織再生は自分の組織を分化、増殖させて再生させようとする組織工学(Tissue Engineering)が主流となってきている。自己の組織が基となる為、拒絶反応はないのが特徴である。
人工膜や人工骨は組織を再生させる為の足場やスペース確保に用いられますが、組織を作るためには細胞とそれらが分化、成長しなければ再生されません。PRPは血液中の血小板を高濃縮した血漿で、創傷部の急速な治癒促進と痛みなどの症状軽減が期待できます。
成長因子にはPDGF、TGF-β、VEGF、EGFなどがあり、これらが放出されることにより、血管、コラーゲン、上皮の新生や炎症のコントロールが行われ、歯科分野以外の医科分野においても用いられる先端再生医療の代表格です。
 
エムドゲインRゲル ( Emdogain)
   エムドゲインRゲルはスウェーデンのBIORA社で開発され、画期的な歯周組織再生の実現を可能にした製品です。主成分のエナメルマトリックスデリバティブは、歯の発生期に重要な役割を果たすタンパク質の研究から生まれ、タンパク質を含んだゲルを施すことで歯根周囲組織のセメント質の再生を促し、引いては骨の再生をも期待させる方法。骨の再生には数年単位でゆっくりと再生されます。 
 
 
歯周組織検査(歯周外科の成果)
歯周外科の成果を検査により測定していきます。追加処置が必要な所があれば随時処置していきます
 
  Maintenance
 長期的に安定した状態を維持する為には自己管理が最も重要です。歯肉の形が変わり歯ブラシは届きやすくなってきましたが、正常な歯肉の形態獲得までには約6ヶ月~数年かかります。
 歯石が着き始めたり、歯肉が腫れたり、磨き残しが在ったりと月に1回程度の来院で自己管理に不足している部分のチェックを徹底して行います。ゴールはもう少しです、最後まで頑張りましょう!
 
 
 
茨城県龍ヶ崎市若柴町1741-6 けやき歯科クリニック 
一般歯科、小児歯科、矯正歯科、口腔外科、審美歯科、インプラント、予防歯科、インプラント、ホワイトニング、歯周病
牛久、取手、藤代、つくば、つくばみらい、河内、稲敷、阿見、土浦、守谷、我孫子、美浦村、利根町、印西市
COPYRIGHTS 2005 KEYAKI DENTAL CLINIC ALLRIGHTS RESERVED.